千年和菓子

美味しい和菓子の作り方

皮をクレ-プのように焼く関東風の桜もちは、桜の葉と花の繊細な香り、ほんのりとした塩味が、美味しいアクセントになっている和菓子です。作り方は、まず、こしあん150gを8等分にして丸め、皿に並べておきます。ボウルに白玉粉25gと100mlの水を入れ、泡立て器で混ぜて溶かしてから、砂糖25gも加えて混ぜ、薄力粉50gをふるい入れてよく混ぜます。フライパンを弱火でよく熱し、混ぜ合わせた材料の8分の1量をスプーンで流し入れ、10センチから11センチ長さの楕円に広げて、焦げ色がつかないように焼きます。生地の表面が乾いてきたら、裏返してサッと焼き上げ、残りの生地も同様に焼いてバットなどに並べ、そのまま冷まします。生地が完全に冷めたら、丸めておいたあんを1個ずつのせてくるりと巻き、葉を中表にして包み、桜の花を飾って出来上がりです。桜の葉はつるんとキレイな面を内側にするようにして、生地を一巻きするのがポイントです。

和菓子が美味しいのは日本の独特な文化にあり

和菓子は、世界各国の洋菓子よりも特別に美味しいと言う日本を代表するお菓子です。その魅力的である味の原因は、海外とは内容が違う言葉の並べ方にあると言われています。日本語は、主語、形容詞、述語の順番で話す事が一般的です。韓国以外の海外では、主語、述語の順番で来る事が一般的です。述語とは、欲求その物を述べる物であり、海外では、主語、述語を述べた時点で欲求と言うエネルギーが開放される物です。日本では、欲求とエネルギーが形容詞を作り出してから、述語でエネルギーが解放されます。つまり、魅力的な形容詞を作り出す力が日本語にはあると言う事になります。和菓子が美味しいと言う理由も、ただ、食べると言う述語のみでは無く、形容詞が様々な内容の味を作り出していると言えるのです。海外では、フルーツをそのまま出したり、砂糖を大量に使う事で甘みを作り出していますが、日本の和菓子は、形容詞の働きにより、独自に加工を行い、果物の甘みを最大限に引き出す技でお菓子を生み出していると言えます。そのため、世界でも類を見ない美味しい味を作り出している物と言えるのです。

recommend

最終更新日:2017/10/20

『和菓子 美味』 最新ツイート

@chito6_6pockero

お土産に貰った和菓子🍘 沖縄で食べられるとは💗 一つ一つに工夫があって、美味でした😀 #和菓子 #okinawa 場所: 羊羊 YOYO AN Factory https://t.co/Vr7mLp4kke

1時間前 - 2019年01月23日


@anpu_7721

友達の作った和菓子が美味すぎてビビるんだけど😂 https://t.co/TxdbDeQsxV

2時間前 - 2019年01月23日


@suitegreedy

美味な和菓子 https://t.co/IQgRA4nmtY

3時間前 - 2019年01月23日


copyright(c) 2015 「千年和菓子」 all rights reserved.